映画一覧

映画『ミュージアム』あらすじ、作品情報

映画『ミュージアム』は小栗旬くん主演のサイコサスペンスです。

殺人鬼カエル男が猟奇的殺人を繰り返していき、小栗くん演じる沢村に魔の手が伸びて…というストーリーです。

 

作品情報

あらすじです。

現場に謎のメモが残される猟奇殺人事件が矢継ぎ早に発生するが、その事件は雨が降る日のみ起こっていた。一連の事件の関連性を察知した沢村久志刑事(小栗旬)は、自分の妻子が狙われていることを知る。やがて、カエルのマスクをかぶったカエル男の存在が浮かび上がり、犯人に近づいていく沢村だったが、カエル男の仕組んだわなにはめられ窮地に陥り……。

ミュージアム – 作品 – Yahoo!映画

 

映画『ミュージアム』見どころ

映画『ミュージアム』は大人気漫画の実写化です。

漫画でもそのグロい表現が話題になりましたが、それを実写化するとなるとグロいところが怖い…けど楽しみですね。

 

映画の中でいくつかカエル男による殺人が行われるんですけど、すべて変なタイトルが付けられるんです。

例えば『ドッグフードの刑』とか『母の痛みを知りましょうの刑』とか『均等の愛の刑』とか『ずっと美しくの刑』など。

それぞれに殺し方が違っていて、名前にちなんだ方法で殺害されています。

それがもうグロくてグロくて、まさにホラーでした。

 

小栗くんのアクションがカッコよかったです。

小栗くん演じる沢村は家族をカエル男に誘拐されて、必死でカエル男を探すんですけど、カエル男も沢村の前によくよく現れて挑発します。

車でカーチェイスしたり、町中の人混みの中で追いかけっこしたりして、小栗くんは汗だくのボロボロです。

ラストの方では、もう精神的に追い詰められてしまい、沢村は気が狂いそうになります。

それを演じる小栗くんの迫真の演技は見ものでしたね。

 

まとめ

サイコサスペンス、さらにホラーも追加した、超グロい作品なので、苦手って人もいるかもしれません。

ストーリーはよく出来ていて、2時間があっという間でした。すっごい引き込まれます。

グロいですが映像も綺麗で、しっかり作り込んでいるのが伝わってきます。

なかなかに素晴らしい作品ではないでしょうか。


映画『ミニミニ大作戦』あらすじ、作品情報

あらすじ

ヴェネツィアにある最新型金庫の中に50億ドルの金塊、総重量約1トン。
これを手に入れるため、チャーリーは計画を立て、また実行するために多くのプロフェッショナルを集めた。
だがそのうちの一人、スティーヴの裏切りで金塊は奪われ、その上チャーリーが父のように慕っていたジョンの命まで奪い去った。
その一年後、ロサンゼルスでチャーリーたちは、ジョンの娘で錠前屋のステラを金庫破り担当とし、金塊の再奪取を計画。この計画には、とある事情から3台のニューミニが重要な役割を果すことになった。

 

キャスト

チャーリー・クローカー / マーク・ウォールバーグ
ステラ / シャーリーズ・セロン
スティーヴ・フレゼリ / エドワード・ノートン
ライル / セス・グリーン
ハンサム・ロブ / ジェイソン・ステイサム
レフト・イヤー / モス・デフ
レンチ / フランキー・G
ジョン / ドナルド・サザーランド
イエヴェン / ボリス・クルトノグ
マシュコフ / オレク・クルーパ
ピート / ガウティー

 

作品情報

タイトル:ミニミニ大作戦
原題:THE ITALIAN JOB
製作年度:2003年
上映時間:111分
製作国:アメリカ
ジャンル:アクション、ドラマ
監督:F・ゲイリー・グレイ
製作総指揮:ティム・ビーヴァン、ジム・ダイヤー、エリック・フェルナー、ウェンディ・ジャフェット
脚本:ドナ・パワーズ、ウェイン・パワーズ
音楽:ジョン・パウエル


映画『バイオハザード』あらすじ、作品情報

あらすじ

全米No.1の巨大複合企業であり、アメリカでの家庭用医薬品シェア90%を誇るアンブレラ社。
細菌兵器などの研究開発を手掛ける“軍事企業”
アメリカ合衆国ラクーンシティ郊外に位置するアンブレラ社の地下研究所「ハイブ」で、研究中の生物兵器T-ウイルスが施設内に漏洩するバイオハザードが発生。
所員全員がT-ウイルスに感染
ハイブのメインコンピュータ「レッド・クイーン」は所内の各区画を封鎖し
たアンブレラ本社は、その原因をレッド・クイーンの故障によるものと推測し、レッド・クイーンをシャットダウンさせるため、自社の特殊部隊を現地に派遣
記憶喪失の女性アリスが目覚める。
アリスは、突然謎の男性に抱きかかえられ、次いで突入してきた特殊部隊によって彼共々拘束
、アリスの記憶喪失の原因は、屋敷の防衛システムが散布した神経ガスの副作用
、アリスと共に捕らえられた男は「警官だ」と名乗るが、警察手帳に記載されていた「マット・アディソン」という氏名は、ラクーン市警のデータベースには存在していなかった。
そこにはハイブ本体へと連絡する地下鉄道が存在していた。
一同は早速列車に乗り、バイオハザードの現場へと潜入しようとするなか 列車の内部の奥にはアリス同様に記憶を失った男(スペンサー)が現れた。
ワン隊長には、アリスとスペンサーはアンブレラ社の特殊工作員で、ハイブを守る任務の一環で偽装結婚したと明かされる。
ワン隊長と3名の隊員はレッドクイーンをシャットダウンさせるべくチェンバーに向かう途中、レーザートラップによって全滅してしまう。

『ブギーポップは笑わない』4話:参考

登場人物

アリス・アバーナシー
演 – ミラ・ジョヴォヴィッチ
マット・アディソン
演 – エリック・メビウス
リサ・アディソン
演 – ハイケ・マカチュ
スペンサー・パークス
演 – ジェームズ・ピュアフォイ
ジェームス・P・シェイド
演 – コリン・サーモン
レイン・オカンポ
演 – ミシェル・ロドリゲス
チャド・カプラン[2]
演 – マーティン・クルーズ
J.D.サリナス
演 – パスクエール・アリアルディ
レッド・クイーン
演(モデル) – ミカエラ・ディッカー
ウィリアム・バーキン博士 / ナレーター